MECHANICON・Web・SPACE


- メカニコン関係の発行物 -


「動画な傑作機・TSR.2MS/STRATOS-0」 ※メカニコン・突発本シリーズ第1段
  B5判型・本文128P,表紙カラー2P.<暫定版> 2003年 8月17日・夏コミあわせ発行   (正規版発行・更新により廃盤)
  B5判型・本文148P,表紙カラー2P.<正規版> 2003年10月 5日・秋レヴォあわせ発行  領価:¥1,000−

  2003年1月より各独立系UHF局、およびCATVにて放送されたアニメ作品「ストラトス4」より、 作中の出演機である「TSR.2MS」と作品オリジナルである「ストラトスゼロ」についての言及、およびその作品中におけるミッションプロファイルが内容。
  参加メンバーは、編集に私:金岡、本文のメインと図面類の作図に飯野君、両機の物理的計算とミッションプロファイルに綺文さん。ついでに、関係ないのにそのたび話に付き合わされていた古さん。
  実際の資料の持ちよりや機体の分析に付いては両名が相互に関わっており、とくにストラトスゼロの機体解析に付いては飯野君の概要設計に綺文さんが物理的計算の概算を出し、 さらに飯野君がそれをもとに修正をかける、と言う作業の繰返し。 ベースとなるTSR.2の実機(実際に試作された機体)についてはとりあえず資料を調べれば確認OK、と思っていたら大間違い。 厳密に検証していると我々が日本で一般的に知りえる資料の時点で結構いいかげんなことが判明。 原書(プロジェクト・キャンセルド)を首っ引きに何がおかしいかの点から洗いなおしながら細部を詰めていくことになる。
  内容が多岐にわたることもあり、細かな部分での事実確認、図版類の引用の可否、等を最後まで検討しながらの作業のためずいぶん予定より遅れるとともに、 なぜか内容のページ数も想定されていたボリュームを大きく越える。(当初、引用部が40Pにもなるため全体でその倍の80Pは欲しい、程度に言っていた)
  メカニコンとしてもほぼ10年ぶりくらいに作るまともな本。その上、このような事実関係を逐一確認を取りつつ、 なおかつ解析したデータが相互に影響し合いながら内容を確定していくような作業と言うのは、これまでに誰とても経験のない事例でした。 関わった3名ともすっかりへとへとです。まあ、その分手応えも充実感も大きかったですが ・ ・ ・ 。“やっぱ、自分のオリジナルやってるほうが楽かなぁ・・・”とはその後の3名ともの声。

   ※通販に付いてはこちらのページをご覧ください。  (「動画な傑作機」本誌・追補共通ページ)


「動画な傑作機・TSR.2MS/STRATOS-0 追 補」
  B5判型・本文24P,表紙墨色2P.<軽装版> 2004年 8月17日・夏コミあわせ発行   (正装版発行・更新により廃盤)
  B5判型・本文25P,表紙墨色2P.<正装版> 2004年12月30日・冬コミあわせ発行   領価:¥200−

 
 

   ※通販に付いてはこちらのページをご覧ください。  (「動画な傑作機」本誌・追補共通ページ)






MECHANICON・SOCIETY
M.A.C.MUSIS FORCE
MUOCE★POINT

   メカニコン・メインページに戻る